ウォーターサーバーの1ヶ月の電気代はどれくらい?

記事メイン画像

「ウォーターサーバーが自宅にあれば便利だろうな……」と分かっていても、いざ導入を考えると毎月の電気代に どれだけの変化が出るのか気になりますよね。中でも、熱いお湯を準備する際は多くの電力が必要となりますが、 電気ポットや電気ケトルと比べてウォーターサーバーにはどれだけの電力が必要とされるのでしょうか。 この記事では、ウォーターサーバーを使用した際にかかる1ヶ月の電気代について詳しくご紹介します。

気になる1ヶ月の電気代は?

ウォーターサーバーは冷水と熱いお湯をその場で出せる優れものですが、 常に電力を必要とするため「電気代が高くならないか」と心配される方が大勢います。 ウォーターサーバーの消費電力はメーカーや機種によってもやや異なりますが、一般的に常時稼働させた際の 消費電力は電気ポットと同等で、1ヶ月の電気代は1,000円前後です。

電気ポットの場合は水を素早く沸かせられるのと同時に保温が可能なため、必要な時に熱いお湯を準備できるのが メリットと言えますが、熱いお湯だけでなく冷水も出せるウォーターサーバーがほぼ同じ電気代で使用できるなら、 導入するに越したことはないと言っても過言ではありません。

また、約1,000円の電気代を日割り計算すると1日あたりの電気代は約33円となるので、この金額で冷水や熱いお湯を自由に 使用できると考えれば日常生活がより快適になること間違いありません。

ウォーターサーバーが省エネに繋がるのはなぜ?

「冷水」や「熱いお湯」を必要とした時、ウォーターサーバー以外で準備をするのであれば 冷蔵庫や電気ポット、電気ケトルなど案外他の電化製品を多く必要とします。一般的に、冷蔵庫は庫内の冷蔵物が増えれば 増えるほど庫内温度が上昇し、より多くの電力を必要とします。

電気ポットや電気ケトルは瞬間的に水を沸かすために多くの電力を必要とするので、沸かす頻度が多い場合は 想像以上の電気代がかかってしまう場合があります。そのような電力の使い方と比較すると、低い消費電力で常時保冷・ 保温が可能なウォーターサーバーがいかに省エネに繋がっているのかは一目瞭然です。

また、ウォーターサーバーには他の電化製品の長所を取り入れた1台2役の魅力があり、他の電化製品を使用する上で必要な 「冷やす・沸かすの動作」を必要としないことで、省エネと合わせて余分な手間を省くことができます。

ウォーターサーバーでできる賢い節約術

頻繁に冷水を飲みたい場合は、その回数に応じて冷蔵庫の開け閉めが必要になりますが ウォーターサーバーなら無駄な電力を消費せず自由なタイミングで冷水を出せるので、「冷蔵庫の消費電力をカット= 冷蔵庫の余分な電気代を省く」ことができます。

また、熱いお湯が必要な際はヤカンや電気ポット、電気ケトルなどを使用するのが一般的ですが、 それぞれにガス代や電気代が発生しますよね。それらは使用頻度に比例してコストが発生しますが、 熱いお湯を頻繁に使用してもコストに変化が出ないのがウォーターサーバーの大きな魅力です。

この魅力を活かしてできる節約術には、例えば「頑固な油汚れ」や「衣類の染み抜き」に少しのお湯を使用して、 洗う手間や洗剤などを節約する方法があります。飲み物やカップラーメンに熱いお湯を必要とするのはもちろん、 日々の生活で少量のお湯を好きな時に使用できれば、掃除や洗濯の場面でも賢く節約していくことが可能です。

まとめ:今回のポイントおさらい

必要な時に必要な量の冷水・熱いお湯を使用できるウォーターサーバーは、他の電化製品にかかるコストを最小限に 減らしながら日常生活をより快適にできる優れものです。特に、お湯が準備できるまでの時間を待つことなくいつでも 気軽に熱いお湯が使用できる点は、お湯を必要とする場面では一切のストレスを感じずに済むのではないでしょうか。

食事以外の場面でも熱いお湯を有効活用できれば、家族全員の日常生活がより豊かなものになること間違いありません。 この機会に、便利なウォーターサーバーの導入を検討してみてはいかがでしょうか?

オススメのウォーターサーバーランキング

当サイトでご紹介するウォーターサーバーの中から特にオススメなものをランキングとしてご紹介させていただきます。

クリクラ
水の種類 ピュアウォーター(RO水)
最低注文単位 2本(24L) 1,250円/本(12L)
500ml換算 52円
レンタル料金 無料
電気代 約1,200円
合計費用 2,500円
配達エリア 全国(沖縄・離島除く)

5年連続お客様満足度No.1の圧倒的な信頼。そして超高性能フィルターを使用した安心のROシステム。安全面でも、美味しさの面でも飛びぬけています。ボトル無料配送・回収でゴミなし、買い物なし。500mlのペットボトルに換算すると、わずか52円のコストパフォーマンスも魅力的です。

ハワイアンウォーター
水の種類 ナチュラルミネラルウォーター
最低注文単位 2本(24L) 1,900円/本(12L)
500ml換算 79円
レンタル料金 無料
電気代 400円~
合計費用 3,800円
配達エリア 全国(北海道・沖縄・離島除く)

サーバーレンタル料は572円必要ですが、水の料金と最低注文本数のバランスが良く、総合的に見れば非常にお得な月額料金のサービスだと言えます。朝の目覚めの一杯やスポーツ中の大切な水分補給、お風呂上りには是非ハワイアンウォーターを!

アクアクララ
水の種類 デザインウォーター(RO水+ミネラル)
最低注文単位 2本(24L) 1,296円/本(12L)
500ml換算 77円
レンタル料金 「あんしんサポート料」1,080円~/月
電気代 350円~1,000円
合計費用 3,672円
配達エリア 全国(離島除く)

モンドセレクション水部門で「優秀品質最高金賞」を5年連続受賞(2012~2016年度)。さらに国際味覚審査機構(iTQi)では「優秀味覚賞」を4年連続受賞(2012~2015年度)。アクアクララの水は純水にミネラル成分を追加して栄養と味を調整したデザインウォーター。安全性に加えて、美味しさにも徹底的にこだわり続けた水をぜひお試しください。

ウォーターサーバー紹介企業一覧

人気ランキング

ランキング1位の画像
クリクラ
クリクラのサブ画像

5年連続お客様満足度No.1の圧倒的な信頼。安全面でも、美味しさの面でも飛びぬけています。

ランキング2位の画像
アクアクララ
アクアクララのサブ画像

モンドセレクション水部門で「優秀品質最高金賞」を5年連続受賞。純水にミネラル成分を追加して栄養と味を調整したデザインウォーター。

ランキング3位の画像
コスモウォーター
コスモウォーターのサブ画像

2016年度のモンドセレクションで金賞受賞、世界が認めた美味しい水が堪能できます。

基礎知識

使い道

コスト

選び方

Q&A


Copyright(C) 宅配水のススメ All Rights Reserved.