ウォーターサーバーのランニングコスト・維持費について

記事メイン画像

ウォーターサーバーの導入を検討した時、毎月のランニングコストを考えると「今まで通り市販のミネラルウォーターを 買い続けた方が安いんじゃ……」と思ったことはありませんか?使う水量や使用頻度によっても異なりますが、 この記事ではウォーターサーバーを導入した際の維持費について詳しくご紹介します。ぜひ今後の参考にしてみてくださいね。

毎月必要なコストの内訳

ウォーターサーバーを使い続けていく上で必ず必要となる費用には以下の4つがあります。

・サーバー代
サーバー機器は、主にレンタル機器として契約期間中のみ貸し出される場合と買取の2パターンがあります。 レンタルにかかる費用は契約時の一括支払いもしくは月々の分割支払いで支払うのが一般的ですが、中には、 サーバーレンタル代無料で貸し出しているメーカーもあります。

・水代
水代はメーカーや水の種類によっても異なりますが、1リットルあたり100円前後が相場となっています。 使用頻度や家族構成によっても月々の料金は異なるので、トータルの水代が安く抑えられるよう、 メーカーごとに異なる料金を比較する必要があります。

・電気代
ウォーターサーバーを常時稼働させた場合の1ヶ月の電気代です。サーバーによっては、 消費電力に若干の違いがあるので契約前に確認しましょう。

・メンテナンス代
サーバーの定期的なメンテナンスにかかる費用です。

変動する費用と変動しない費用

上記4つのランニングコストは、契約するメーカーによってほぼ全ての料金が異なります。 そのため、より安くウォーターサーバーを利用するには、メーカーごとに異なる諸費用の比較が欠かせません。

そして、契約するメーカーが決まったら、月々かかる費用をより安く抑えるにはどのような工夫が必要か考えていきましょう。 その際のポイントとしては、変動する費用と変動しない費用を把握して、変動する費用をどれだけ安く抑えていけるかが大切です。

例えば、サーバー代や電気代はメーカーや機器に依存しているので、契約時以降大幅に費用が変動することはありません。 反対に、水代やメンテナンス代は使用頻度や毎日の手入れを工夫することで、費用を安く抑えることができるので、 変動する費用として捉えることができます。

それらを理解して上手に費用を抑えられれば、ミネラルウォーターを買いに行く労力を省いてお得にウォーターサーバーを利用できます。

月々のランニングコストを最小限に抑えるには

ウォーターサーバーを使い続けて行く上で少しでもランニングコストを削っていくなら、 変動する費用をいかに安く抑えられるかに重点をおきましょう。月々の水代は、送料を無料にできる注文ボトル数が 定められていればその数に合わせて注文し、夏場など使用頻度が高い季節に備えておけば年間を通して一定の注文数で送料を 無料にさせることができます。

また、一定額のメンテナンス代が必要とされる場合でも、機器の状態によっては修理代金が上乗せで必要となる場合があります。 そういった費用を削るために、日頃から定期的な掃除をするよう心がけておくのがおすすめです。

一般的に、サーバーそのものは清浄機能がついているので内部の掃除は不必要な場合がほとんどですが、 設置している場所にホコリなどのゴミが溜まってしまうとファンの故障や漏電に繋がる可能性があります。

まとめ:今回のポイントおさらい

ウォーターサーバーは、初期費用だけでなく月々のランニングコストがかかってくるのが基本です。そのため、 まずは“いかに毎月の費用を安く抑えるか”といった点に重点をおいてメーカー選びを行うのが大切です。 契約するメーカーが決まったら、水代やメンテナンス代などの“変動する費用を削れるだけ削る” といった工夫を怠らないようにしましょう。水をまとめて注文したり、定期的な掃除を心がけておけば思わぬ出費も 事前に防ぐことができるのでおすすめです。

オススメのウォーターサーバーランキング

当サイトでご紹介するウォーターサーバーの中から特にオススメなものをランキングとしてご紹介させていただきます。

クリクラ
水の種類 ピュアウォーター(RO水)
最低注文単位 2本(24L) 1,250円/本(12L)
500ml換算 52円
レンタル料金 無料
電気代 約1,200円
合計費用 2,500円
配達エリア 全国(沖縄・離島除く)

5年連続お客様満足度No.1の圧倒的な信頼。そして超高性能フィルターを使用した安心のROシステム。安全面でも、美味しさの面でも飛びぬけています。ボトル無料配送・回収でゴミなし、買い物なし。500mlのペットボトルに換算すると、わずか52円のコストパフォーマンスも魅力的です。

ハワイアンウォーター
水の種類 ナチュラルミネラルウォーター
最低注文単位 2本(24L) 1,900円/本(12L)
500ml換算 79円
レンタル料金 無料
電気代 400円~
合計費用 3,800円
配達エリア 全国(北海道・沖縄・離島除く)

サーバーレンタル料は572円必要ですが、水の料金と最低注文本数のバランスが良く、総合的に見れば非常にお得な月額料金のサービスだと言えます。朝の目覚めの一杯やスポーツ中の大切な水分補給、お風呂上りには是非ハワイアンウォーターを!

アクアクララ
水の種類 デザインウォーター(RO水+ミネラル)
最低注文単位 2本(24L) 1,296円/本(12L)
500ml換算 77円
レンタル料金 「あんしんサポート料」1,080円~/月
電気代 350円~1,000円
合計費用 3,672円
配達エリア 全国(離島除く)

モンドセレクション水部門で「優秀品質最高金賞」を5年連続受賞(2012~2016年度)。さらに国際味覚審査機構(iTQi)では「優秀味覚賞」を4年連続受賞(2012~2015年度)。アクアクララの水は純水にミネラル成分を追加して栄養と味を調整したデザインウォーター。安全性に加えて、美味しさにも徹底的にこだわり続けた水をぜひお試しください。

ウォーターサーバー紹介企業一覧

人気ランキング

ランキング1位の画像
クリクラ
クリクラのサブ画像

5年連続お客様満足度No.1の圧倒的な信頼。安全面でも、美味しさの面でも飛びぬけています。

ランキング2位の画像
アクアクララ
アクアクララのサブ画像

モンドセレクション水部門で「優秀品質最高金賞」を5年連続受賞。純水にミネラル成分を追加して栄養と味を調整したデザインウォーター。

ランキング3位の画像
コスモウォーター
コスモウォーターのサブ画像

2016年度のモンドセレクションで金賞受賞、世界が認めた美味しい水が堪能できます。

基礎知識

使い道

コスト

選び方

Q&A


Copyright(C) 宅配水のススメ All Rights Reserved.