知っておきたい、ウォーターサーバーのデメリット

記事メイン画像

ウォーターサーバーの導入が進んでいるため、我が家でも導入しようと考えている人は多いのではないでしょうか?

いつでも手軽に美味しい水が飲めるため便利そうです。しかし、ウォーターサーバーにはデメリットも存在します。 どんなデメリットがあるのかを把握した上で、導入するかどうか決めるようにしましょう。

ランニングコストがかかる

ウォーターサーバーを導入するにあたって、業者によってはウォーターサーバーの本体は 無料でレンタルすることも可能です。しかし、電気代が気になるでしょう。機種によっても異なりますが、 おおむね毎月1,000円前後の電気代がかかるとされています。この1ヶ月1,000円という電気代は、冷蔵庫の電気代と比べても高い金額です。

しかし、機種によっては、電気代が安く済むものもあります。一般的なウォーターサーバーの半分くらいの電気代で済む機種もあり、 その場合月額500円くらいです。そのくらいであれば、あまり気にならない金額でしょう。

また、月額350円しか電気代がかからない機種もあります。そう考えると、電気代はデメリットではあるものの、 我慢できる人も多いのではないでしょうか。

設置場所に困ることもある

ウォーターサーバーを新たに導入しようとする際に、 設置するのに適したスペースがなくて困ってしまう人もいます。最初はキッチンに置くつもりでいる人が多いですが、 キッチンには余分なスペースがないというケースも少なくありません。キッチンは家具を置くスペースをあらかじめ考慮した上で、 間取りが決められることが多いためです。

廊下などに余っているスペースが見つかることもありますが、ウォーターサーバーを設置できる場所というのは限られてきます。 まず、電源のコンセントが近くになければなりません。直射日光が当たる場所や熱が籠もる場所なども避けた方がいいでしょう。 庭や玄関先など屋外に設置することもできません。

また、ウォーターサーバーはけっこう大きいです。高さも床に設置するタイプのものなら1.2メートルくらいあります。そのため、 設置場所を確保できずウォーターサーバーの導入を見送ってしまう人も少なくありません。

一人暮らしだと水が余ってしまう

ウォーターサーバーは水を自宅まで届けてもらえるのが大きなメリットですが、 ボトル1個で12リットルくらいの機種が多いです。そして、1個だけ届けてくれる業者は少なく、 たいていの業者は2個からの配達に対応しています。つまり1回で少なくとも24リットル分届くということになるでしょう。 このことが1つのデメリットとして挙げられます。

家族が多い家庭なら、1ヶ月で問題なく消費できる量です。場合によっては足りなくて、 届けてもらうボトルの個数をもっと多くしている家庭もあるでしょう。しかし、一人暮らしの人にとっては、 1ヶ月に24リットルというのは、けっこう多い量です。たいていは余ってしまうでしょう。夫婦二人だけで暮らしている場合も、 余ってしまうかもしれません。

ペットボトルや浄水器の方が合っている家庭も

ウォーターサーバーは定期的に手入れをしなければなりません。 注ぎ口や、コックの部分を洗浄するなど簡単な作業から、比較的大がかりな作業もあります。 大がかりなメンテナンスは業者がやってくれるところもありますが、その分の費用が別途かかるところも多いです。

また、ペットボトルの水はスーパーなどで安売りしていることもよくあります。 安いミネラルウォーターなら、2リットル入りのペットボトルが100円くらいで買えることもあるでしょう。一人暮らしの人なら、 自分が飲む分だけ買って来れば十分です。わざわざウォーターサーバーを導入しなくても間に合うケースも多いでしょう。

水道の蛇口に浄水器を取り付けて使っている人もいます。飲み水に対するこだわりがそれほど強くないのであれば、 その方が手入れも楽でお金もかかりません。ウォーターサーバーと違って電気を使わないため、停電のときでも使えます。

まとめ:今回のポイントおさらい

ウォーターサーバーは便利なものですが、デメリットもいくつかあります。 そのため、全ての人が導入した方がいいというわけではありません。 浄水器やペットボトルのミネラルウォーターの方が合っている人もいます。 ウォーターサーバーの特徴と家庭の状況を考慮して、導入するかどうか決めましょう。

ウォーターサーバーはいつでも手軽に美味しい水が飲めるため便利そうです。 しかし、ウォーターサーバーにはデメリットも存在します。どんなデメリットがあるのかを把握した上で、 導入するかどうか決めるようにしましょう。

オススメのウォーターサーバーランキング

当サイトでご紹介するウォーターサーバーの中から特にオススメなものをランキングとしてご紹介させていただきます。

クリクラ
水の種類 ピュアウォーター(RO水)
最低注文単位 2本(24L) 1,250円/本(12L)
500ml換算 52円
レンタル料金 無料
電気代 約1,200円
合計費用 2,500円
配達エリア 全国(沖縄・離島除く)

5年連続お客様満足度No.1の圧倒的な信頼。そして超高性能フィルターを使用した安心のROシステム。安全面でも、美味しさの面でも飛びぬけています。ボトル無料配送・回収でゴミなし、買い物なし。500mlのペットボトルに換算すると、わずか52円のコストパフォーマンスも魅力的です。

アクアクララ
水の種類 デザインウォーター(RO水+ミネラル)
最低注文単位 2本(24L) 1,296円/本(12L)
500ml換算 77円
レンタル料金 「あんしんサポート料」1,080円~/月
電気代 350円~1,000円
合計費用 3,672円
配達エリア 全国(離島除く)

モンドセレクション水部門で「優秀品質最高金賞」を5年連続受賞(2012~2016年度)。さらに国際味覚審査機構(iTQi)では「優秀味覚賞」を4年連続受賞(2012~2015年度)。アクアクララの水は純水にミネラル成分を追加して栄養と味を調整したデザインウォーター。安全性に加えて、美味しさにも徹底的にこだわり続けた水をぜひお試しください。

コスモウォーター
水の種類 ナチュラルミネラルウォーター(天然水)
最低注文単位 2本(24L) 1,900円/本(12L)
500ml換算 79円
レンタル料金 無料
電気代 436~734円
合計費用 3,800円
配達エリア 全国(北海道・沖縄・離島除く)

2016年度のモンドセレクションで金賞受賞、世界が認めた美味しい水が堪能できます。2015年度の出荷台数は100万台超えで、売り上げもトップクラスです。料金は天然水の代金だけ!初期費用もサーバー代も、配送料もメンテナンスも0円です。省エネ運転モードになる「エコボタン」を搭載し、一般的なウォーターサーバーの約半分の電気代で済むのも嬉しいポイント。

ウォーターサーバー紹介企業一覧

人気ランキング

ランキング1位の画像
クリクラ
クリクラのサブ画像

5年連続お客様満足度No.1の圧倒的な信頼。安全面でも、美味しさの面でも飛びぬけています。

ランキング2位の画像
アクアクララ
アクアクララのサブ画像

モンドセレクション水部門で「優秀品質最高金賞」を5年連続受賞。純水にミネラル成分を追加して栄養と味を調整したデザインウォーター。

ランキング3位の画像
コスモウォーター
コスモウォーターのサブ画像

2016年度のモンドセレクションで金賞受賞、世界が認めた美味しい水が堪能できます。

基礎知識

使い道

コスト

選び方

Q&A


Copyright(C) 宅配水のススメ All Rights Reserved.