家庭・ファミリー向けウォーターサーバーの特徴

記事メイン画像

デパートやスーパーなどで、専用の容器を購入すればミネラルウォーターをくめるサービスを見かけたことはありませんか? 便利なシステムですが、水が入った容器はとても重いので、頻繁に利用する人は運ぶだけでも大変ですよね。 また、専用容器は内側まで洗いにくいので、水の清潔を保てるかについては疑問が残ります。 夏場は、お店からくんできた水の管理方法にも気を付けなければ、心配ですよね。

そこで、確実に安心安全で便利な存在が、家庭用ウォーターサーバーです。

一家に1台! ウォーターサーバーのススメ

家庭用ウォーターサーバーの契約をすると、定期的に水が届けられます。 重い水の容器を自分で運ぶ必要がなくなるので、確実に日々の負担が軽くなるでしょう。定期メンテナンスは無料か、 契約料に含まれている場合がほとんどなので、余分な維持費がかさむ心配もありません。

さらに、ウォーターサーバー用の水が入っている容器は、もともと水の長期保存を目的として作られたものです。 万が一の事態にそなえた備蓄水としても役立つ安心感があります。

温かいお茶も赤ちゃんのミルクも

また、最近では冷水と温水の両方を使えるサーバーが増えています。 毎朝ポットを洗って中の水を入れ替え、お湯を沸かすといった手間をかけなくても、 いつでもサーバーから直接お湯を出して温かいお茶が飲めるのです。

赤ちゃんの粉ミルクを作るのにも重宝します。ミルクが必要な年齢の赤ちゃんがいる家庭は、 生活のほとんどが赤ちゃんのご機嫌次第になってしまう面があって大変ですよね。省ける手間はできるだけ省きたいもの。

自宅にウォーターサーバーがあれば、常に「飲用」として最適な温度に保たれた清潔なお湯が用意されています。 「消毒も兼ねていったん沸騰させてから、赤ちゃんが飲める温度まで冷ます」といった二度手間も回避できるのです。

業務用と家庭用ウォーターサーバーの違い

業務用ウォーターサーバーは、コストパフォーマンスに優れています。 といっても「家庭用ウォーターサーバーは損」というわけではありません。業務用サーバーは、 オフィスに置いて会社員全員が利用したり、お店に置いてお客様が利用できるようにしたりといった用途が予想されますね。 家庭用サーバーと比較すると圧倒的に消費量が多くなり、そのぶん水の単価を安く抑えられるのです。

業務用の契約内容は、水注文量の下限が「一般家庭では使いきれない量」である場合が多いので、 単純に単価だけを見て自宅で業務用サーバーを使うことはおすすめできません。単価が安くても大量の水を消費するのですから、 業務用サーバーの総合費用は一般家庭の生活費に組み込むには大きな負担になるのです。

コスト面の心配も必要なし!

最近では家庭用でもコストが削られたプランが登場していて、 ファミリー層からもウォーターサーバーの安全な水が注目されています。例えば、 ペットボトルで常時ミネラルウォーターを購入して飲む場合と比較してみましょう。 自宅にウォーターサーバーを置いて定期的に水を届けてもらうほうが、手間の面からもコストの面からもお得です。

メンテナンスの料金も前述したように、レンタル料に含まれているか無料である場合がほとんど。 「サーバーの電源をずっと入れておくのなら電気代がかさむのでは?」という疑問を持つ人もいるかもしれませんね。 しかし、卓上ウォーターサーバーの消費電力はあまり高くはなく、通常の家庭用電気ポットと比較しても 大きく電気代が跳ね上がるようなことはないのです。

まとめ:今回のポイントおさらい

家庭向けウォーターサーバーについてご紹介いたしました。良い面ばかりのご説明になってしまいましたが、 物事には必ずメリットがあればデメリットもあるもの。もちろん、今回ご紹介したウォーターサーバーだって例外ではありません。

基本的にウォーターサーバーの契約はファミリー層へ向けた内容が多く、一人暮らしでは使いきれずにあまってしまう可能性があるのです。 そもそも使う量が少ない一人暮らしであれば、コンパクトな卓上タイプのサーバーやペットボトルの購入でも十分に足りるかもしれませんね。 このようなデメリットも考慮し、ご自分の生活スタイルに合わせて最適なものを選んでみてください。

オススメのウォーターサーバーランキング

当サイトでご紹介するウォーターサーバーの中から特にオススメなものをランキングとしてご紹介させていただきます。

アルピナウォーター
水の種類 ピュアウォーター(RO水)
最低注文単位 3本(36L) 1,023円/本 12L
500ml換算 51円
レンタル料金 617円/月
電気代 約1,000円
合計費用 3,686円
配達エリア 全国(沖縄・離島除く)

アルピナウォーターのRO水は溶解率が高く、赤ちゃんの粉ミルクなどの栄養を損なうことなく使えます。もちろん、赤ちゃんに負担になるミネラル成分が含まれていないので、安心して与えることができますね。口の中で、まるで溶けるように広がっていくその味わいと感触、赤ちゃんと一緒に味わってみましょう。

クリクラ
水の種類 ピュアウォーター(RO水)
最低注文単位 2本(24L) 1,250円/本(12L)
500ml換算 52円
レンタル料金 無料
電気代 約1,200円
合計費用 2,500円
配達エリア 全国(沖縄・離島除く)

5年連続お客様満足度No.1の圧倒的な信頼。そして超高性能フィルターを使用した安心のROシステム。安全面でも、美味しさの面でも飛びぬけています。ボトル無料配送・回収でゴミなし、買い物なし。500mlのペットボトルに換算すると、わずか52円のコストパフォーマンスも魅力的です。

ワンウェイウォーター
水の種類 ピュアウォーター(RO水)
最低注文単位 3本(36L) 1,250円/本
500ml換算 52円
レンタル料金 無料
電気代 約1,000円
合計費用 3,750円
配達エリア 本州・四国・九州

天然水の味わいやまろやかさはそのままに、1000万分の1mmの極限ROフィルターによるろ過で、不純物を徹底的に除去。安全性は極めて高く、美味しさも損なわないという優れものです。赤ちゃんのミルク作りに、白湯に、そしてママや家族の飲料水として、活用してみませんか?

ウォーターサーバー紹介企業一覧

人気ランキング

ランキング1位の画像
クリクラ
クリクラのサブ画像

5年連続お客様満足度No.1の圧倒的な信頼。安全面でも、美味しさの面でも飛びぬけています。

ランキング2位の画像
アクアクララ
アクアクララのサブ画像

モンドセレクション水部門で「優秀品質最高金賞」を5年連続受賞。純水にミネラル成分を追加して栄養と味を調整したデザインウォーター。

ランキング3位の画像
コスモウォーター
コスモウォーターのサブ画像

2016年度のモンドセレクションで金賞受賞、世界が認めた美味しい水が堪能できます。

基礎知識

使い道

コスト

選び方

Q&A


Copyright(C) 宅配水のススメ All Rights Reserved.